NEWS & TOPICSニュース

M&Aをオンラインでサポートする「M&Aナビ」β版を公開しました

株式会社ALIVAL(東京都港区、代表取締役 西村将明)は、M&Aにおける候補先マッチングからM&A成立までを一貫してオンライン上でサポートするナビゲーションシステム「M&Aナビ」のβ版を公開いたしました。

日本経済が抱える労働人口の減少や経営者の高齢化に伴う事業承継問題の解決を図るためには、経営の選択肢として「M&A」がもっと有益な選択肢になることが不可欠であると考えています。
しかしながら多くの企業にとって、M&Aを検討することはとてもハードルが高いイメージを持たれていたり、それ以前にM&Aを検討することすら選択肢に入っていなかったりと、まだまだ一般化されているとはいえません。
そこで当社では、日本で初めてM&Aの交渉プロセスをオンライン上で行えるサービスを開発・提供することで、すべての経営者にとってM&Aが身近なものになり、さらなる日本経済の発展に貢献してまいります。


■サービス公開の背景
年々M&Aの案件数は増えてきておりますが、後継者が見つからなかったり、資金や人などのリソースが十分でなかったりすることによる廃業は、まだまだ後を絶ちません。
その原因の一つとして、M&Aを行うにあたっては、
  • ・自力では候補先が探せないこと
  • ・多くの経営者にとって会社売却は経験したことのないイベントであること
によって、M&A仲介を行う専門家に頼らざるを得ない状況になっており、M&Aに関する情報や知識が広がらないことにあります。 さらに、これまでのM&A仲介業は人的リソースを駆使して候補先を探し、交渉実務をサポートしてきているため、どうしてもある一定の仲介料が発生してしまう構造になっています。 もちろんM&A仲介業者を活用することで得られるメリットは多く、特に事業売却を円滑に行うための戦略設計や交渉実務の手離れの良さなどは大きな価値と言えます。 M&Aナビは、そういった価値を変わらず提供しながら、できるだけ低コスト・低労力で交渉を成功させるために開発しました。

■主な特徴(※一部に提供予定の機能を含みます)
M&Aナビでは、会社や事業を売却しようとする方(以下、譲渡企業)、買収しようとする方(以下、譲受企業)、会計事務所や金融機関などM&A検討企業を支援する方(以下、専門家)のそれぞれの方々にとって、M&A交渉が正しく円滑に進むような機能と特徴を備えています。サービスはすべて無料で利用することが可能ですので、安心して使い続けることが可能です。(M&Aが成立したときのみ利用料が発生します)

1)株価算定 譲渡企業にとって最大の関心事である「いくらで売却できるのか」の道しるべとなる指標が正確な株価を知ることです。プロに有償で依頼することが一般的な株価算定をオンライン上で無料で行えるため、より効果的な譲渡戦略を決めることができます。

2)オンライン上で候補先をマッチング マッチングサイト「M&Aナビ」上で、譲受企業は買収したい候補先に対してオファーを送ることができ、譲渡企業はそのオファーを受諾するかどうか判断できます。

3)検討に必要な資料の閲覧および追加情報の依頼 譲受企業は検討にあたって必要な資料を、システム内のファイルストレージで閲覧することが可能です。さらに検討にあたって不足している資料や情報の提示を依頼することもできます。

4)チャットによるオンライン交渉・相談 譲受企業と譲渡企業あるいは専門家との間でチャットによる交渉や質問をすることができます。また、検討や交渉の過程でわからないことや確認したいことなどがあれば、M&A実務を数多く経験している当社アドバイザーが随時相談をお受けいたします。

5)交渉プロセスにおける各種契約手続きのオンライン化 秘密保持契約や基本合意契約など、M&Aの交渉プロセスにおいて発生する各種契約手続きをオンライン上で完結することができます。

■アクセス先

M&Aナビ https://ma-navigator.com/